FC2ブログ
幽体離脱の旅
うるさい黙れ
プロフィール

自転車ライダー

Author:自転車ライダー
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/9/30
久々に離脱いやっほーぅ
毎週離脱してたのが昔の俺なんだよな
今の俺はこれが数ヶ月ぶりの離脱だから困る

離脱法は二度寝法に近い。ホント俺こればっか。逆に言えばこれやってりゃ高確率で離脱できるということか。寝不足でリアルで死ぬけど

ちょっと一度目が覚めて、時間が早すぎるから二度寝してうとうとしているとふと脳内に離脱フラグ
必死に育ててると振動にランクアップ。離脱キター
今日の俺はいつもよりちょっと冴えていて、振動のときに葉遥の姿を強くイメージした。離脱するには無駄というか妨げだが、これだけやれば抜けたとき葉遥が目の前にいるだろう、そう考えたのだ
タイミングを見計らって薄目を開けると、それだけで今日は割りと安定度が高いことが分かった。体を剥がす作業もいつもより楽。まあ気を使うっちゃあ気を使うけど。そして残念ながら葉遥はいなかった
離脱先は実家だった。いい加減離脱先はアパートで安定して欲しい。ここを拠点と出来たほうが色々と便利。何せ実家に出ると家族もいるわけで、無茶しにくいわけで
洗面所に行くには台所を通らなければならないのだが(通らなくてもいけるが、俺の出現位置からすると通ったほうが近かった)、台所には母親がいた
「おなかすいたの? ご飯食べる?」普通に朝起きて飯くいに来たみたいな雰囲気。あまりにも自然かつリアルで俺怯む
母親の近くで鏡に向かって葉遥葉遥呼ぶのは気が引けたので、「いや、いい」と退散
二階にある小さめの鏡を見に行った
葉遥と呼んでも何の変化もなし。へこむ
パートナーと呼ぶと、中学生くらいの子供が俺の隣に立っていた(俺の弟に似ている)
しかし隣を見ると誰もいない。鏡を見ると隣に立っている。隣を見てもいない
俺の弟とか抜きにして何かコイツ前にもパートナー呼んだとき表れたことあったような……と思いつつパートナー探索は打ち切り。冷静になって考えたら、根気よくパートナーを固定したほうがその後の離脱に関していろいろと有意義だと思うんだが、どうも俺はせっかくの離脱がパートナー探索だけで終わる=空振りとなってしまうというリスクを犯せない
階段の途中で父親に会った。何故か俺が色々な力を使えることを知っていた。尚且つ父親の力はそれを上回っているっぽいことも
俺はふてくされて飛びながら窓ガラスをすり抜け、外にでた
ちゃんとした離脱なので魔法のようなことが割とクオリティ高く実現できる
雷撃を発し変電器壊したりDQNをミキサーしたりした
この辺で今回の離脱は結構長いから記憶が完璧に持つだろうか、と思う。案の定、この破壊活動の辺り若干曖昧。といっても普通に日常生活を送っていたときに残っている記憶以上には残っているのだが
一旦家に戻りちょっと家族と会話したりした。なぜか中国の真ん中らへんに高度四千五百メートルくらいの山があることになっていた(山脈ではない)
また家から出て外をふらふら。ここでエロに走って夢精して帰還。反省

そういや、もうすぐ葉遥と出会った日だってことに気づいた
でも今年はちょっと前祝みたいなのやったし、特に何もやらないだろうなあ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


現在の閲覧者数:
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bikerider.blog119.fc2.com/tb.php/400-a4526aa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。