FC2ブログ
幽体離脱の旅
うるさい黙れ
プロフィール

自転車ライダー

Author:自転車ライダー
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



基本フォーマット
俺が用いる記録の際の基本フォーマット

・回数(何回目の夢か)
・時間(入眠から何時間後か、二度寝か否か)
・状況(その夢を見た際の現実体の状況。簡単に言えば入眠時、何回目のレム時と出眠時、二度寝時の区別)
・スタート地点(記憶している夢の始まった場所)
・明晰度(一応5段階。1は完全に夢。夢ということにも気づいていない。3で通常の明晰夢。5で完全に名倉。小数点以下が存在するため実際は5段階ではない)
・滞在時間(体感。どの道向こうの時計は信用できない)
・内容


とりあえずこんなところか。必要と思えば項目は順次追加する
スポンサーサイト
10/3/19
・1
・六時間後
・出眠
・廃墟?
・2
・一時間
・多分色々あって何かの用事があって廃墟に行くことになった
大体打ちっぱなしのコンクリート製で、しかし窓から燦々と陽光が差し込んできているためかなり明るかった
探索メンバーは主に中学の同級生だった気がする
扉を一つ開けたとき、蜂とかいるんじゃねと思ったら本当に蜂が出てきて、逃げた
違う部屋を空けたらそこには大量の蜂がいて、慌てて逃げた
この辺で夢が切り替わり、実家と思った知らない部屋にいた。実家の台所と繋がる廊下に近い
そこで俺と少女(まったく知らない)が二人で寝るところだった
冷房器具が大量に稼動していて、寒くなり一つずつ切っていった
少女もそれがいいらしい
少女と会話したが会話内容は喪失


・2
・七時間半
・二度寝、出眠
・不明
・十数分
・偽りの目覚めを受けた
その後、アニメ関連の掲示板を見ていたら「エンジェルビートの製作現場で体制が変わり(親会社が変わっただったかなんだったか)スタッフや声優が混乱している」という感じの記事を見た
偽りの目覚めをくらった記憶があるので、「そうだよなあ、混乱するよなあ」と共感していたら目が覚めた
10/3/17
・1
・5、出眠
・おそらく4
・車の中?
・1.5
・数時間のような30分程度のような
・走る車の中
容姿は基本的に二次元
俺は助手席
運転席は最初はギルという二十後半のイケメン、父、二十前後の間抜けそうな男、と変化した
後部座席には俺達が助けただか運ばなくてはいけない、十代の男女が乗っていた
目的を持って車を走らせていた
どこかの大きな駐車場に入る。ここは目的地ではない
車から降りて空を見上げている人達がたくさんいる
同じく空を見ると、星が固まりになって、眩い光を放ちながら空を駆け回っているというか、多分そんな感じの光景があった
俺達は何かを確認するために図書館に行くことになった
俺と運転手は組織に面が割れているため、変装してはいる
ロンドン的(イメージ)な雰囲気
司書はどうやら後部座席の少女の知り合いらしい
少女のIDを使って資料を閲覧しようとした俺をその少女と勘違いして話しかけてくる
当然、話せば男だと分かるので声が出ないふりをしてやり過ごす
資料を見たら完全に組織は俺達のことを掴んでいて、追っていることが分かった
最初は移そうと思ったが、時間がないし、情報さえあれば十分だし、司書が絡んできてうざいので急いで図書館からでる
前に止めてあった車に入ると運転手から話しかけられる
どうだった、という感じ
全部ばれていることを話す
俺達はこの少女のほかにピアノのような機械も盗んでいて、少女にそれを弾かせることが目的らしい
組織はその力を悪用しようとしている
雨の降り出した暗い道を急いで車を出す
急に警備がきつくなり、町中に警察が溢れている
検問に引っかからずにピアノを保管している場所までいけそうか、とというと町から出るのはちょっと無理そうだとの返答
一旦家に戻り、そこで体制を整えることに
この辺で夢シフト
家のすぐ近くの道路でトレーラーのようなバスのような乗り物と並ぶ
大学の人間が乗っている
話すと、それに乗れば後部座席は家に帰れるらしい
彼らに任せ、俺達は二人で家に帰る
天変地異の影響で家の辺りはすっかり交配していた
近くの空き地に消防車が止めてあり、その周りにはコンクリートを突き破って草や薇が生い茂っている
水がなくなったので消防車の意味がなくなったから止めてあるのだろう、と白いホースを踏みながら思う
間抜け面が運転する車が俺の左足を踏んだ
痛みを覚えた。靴がかけてしまった。靴の代えなんて手に入るのだろうか、と思った
消防団員が突然五人くらい現れ(ここはもう放棄されたんじゃなかったのか)、空気銃のようなものを連射してくる
二発ほどあたる
どうやらそれはごく小さな針を多数打ち出す麻酔銃のようなものらしく、急激に眠気に襲われる
仲間はもうやられていた
抗おうとするが心臓に痛みが走り、これが夢だと自覚すると同時に、抗って心停止なんてことになったら笑えない、と抗うのをやめる
ゲームオーバーか、と思ったところで目が覚めた

・3
・不明、二度寝、入眠
・不明
・屋内ダンジョンの廊下
・2
・これも数時間のような30分程度のような
・屋内のダンジョンの廊下。薄暗い
 俺は多分冒険家。仲間とともに進む
 死体が溶けてチョコレートのようになったところ
 少し広い、を滑って進む
 小?中?の体育館のような場所にでる
 仲間を見に引き返す
 ブーンが身動き取れなくなっていた
 多分俺はドクオ。ブーンをバカにする
 非常ベル?
 ブーンは死体液を蹴って飛ばしてきた
 頭にかかった
 俺怒って体育館に洗いに行く
 ステージの辺りで向こうからなぜか吸血鬼の大群が現れる
 俺ステージのカーテンなどを利用して逃げる
 見つかる
 後ろに回りこんでチョークスリーパー
 他のに見つかる
 目が覚める

・4
・9、二度寝、出眠
・二度寝、出眠
・中学校の校舎内?
・1
・30分程度
・中学? 普通に当時のおにゃのこにちやほやされる話。俺が中心、俺がいなけりゃ回らない
 何かやたらぼろかったり妖怪っぽい雰囲気はあったが詳しいことは忘れた
 映画のチケットのようなものが二枚ずつ配られた
10/3/16
・3
・8、そこから二度寝
・二度寝、出眠
・アパート
・4
・5分程度
・布団の内側の闇の中に白い地で多数の文字(主に漢字)が走っていた。それで夢だと気づく。固まった体を剥がすように離脱。空を飛んで窓をすり抜けて外に出て、そのまま民家の軒先を飛びぬける。くもの巣を回避すると線路に出た
右手方向から電車が来て、止めようと思うが一抹の恐怖がよぎったため中止。手からエフェクトを出そうとしたが出ず。電車用の電線に触れ、電気を吸収しようと思ったが感電したため中止
左手方向から電車が来たので両足で受け止めた
電車は徐々に減速、しかし完全には停止しない
息が荒くなる。現実体でもおそらくそうだろう
踏み切りの辺りまで来たところで脱線させる
戻される


現在の閲覧者数: